Hyperコースについて

Hyperコースの特徴

Hyperコースには、以下の特徴があります。

コースのバリエーション

Hyperコースは、言語・レベル・単語仕様の組み合わせの数だけバリエーションがあります。
(開発中の内容も含まれておりますので、希望コースが利用可能か事前にお問い合わせください。)

セクションの構成

Hyperコースの各セクションは、次のようなユニット構成になっています。

ユニット移動用リンクでは、学習画面は数字で、解説画面は'*'で表示されます。

画面の見方(学習画面)

ユニットでの学習方法

  1. はじめに
    あまりの単純な方法に効果を疑うこともあるかもしれません。
    あまりに単純な方法だから、多くの人がやってこなかったからです。
    しかし、このコースで提案される練習方法を愚直に繰り返せば、あなたは必ず英語を話せるようになります。
    私たちは、”実際に声を出して練習した分しか話せない”のです。

  2. 学習の準備
    画面上部の「学習方法の説明」をよく読みます。
    必要に応じて「説明図」や「解説を見る」等を参考にしてください。

  3. 基本練習
    頭の中で文を組み立て、声に出す練習をします。
    すべての練習問題を間違えずに言えるまで、次の「力試し」に進むことはできません。

  4. 力試し
    基本練習を間違えずにできるようになったら、ユニットの仕上げとして「力試し」を行います。
    頭の中で、日本語を英語に直し、声に出す練習をします。
    テキストを見ずに間違えずにできるようになったら、そのユニットは終了です。

  5. 応用練習(任意)
    さらに会話のスピードや流暢さを上げたい場合は、この応用練習を行ってください。
    会話の中で、素早く正確に反応できるための練習をします。
    ひとつの問題につき短時間で5回も声に出すことで、圧倒的な練習量になります。

音声/動画の再生・停止方法

単語一覧の利用方法

スペル確認クイズの利用方法

意味確認クイズの利用方法